生活習慣で「頭皮の臭い」を改善

頭皮の嫌なニオイは、毎日の生活習慣で発生することが分かっています。

すこし生活を見直してみるだけで頭皮の悪臭が改善された人も多いです。

生活を見直したからといってすぐににおいが消えるほどの即効性はありませんが、臭いニオイを軽減できますので悪しき生活習慣に心当たりがある人はできることがらひとつひとつ見直しましょう。

食生活

毎日の食事は健康を左右する重要な要素なのはご存じの通りです。

しかし、食生活によって頭皮が臭くなってしまうことはあまり知られてはいないようですね。

揚げ物など「脂分」の多いものばかり食べていると、頭皮の皮脂が多く分泌されてしまいますので、頭皮から悪臭がしてしまう原因です。常日頃から脂っこい食事を食べる機会が多い人は注意しなければいけません。

食卓に野菜類を増やすなど心がけて、バランスの良い食事をとるようにしましょう。

ストレス

ストレスを感じると、頭皮の皮脂が多く分泌されてしまう恐れがあります。

さらにストレスは、血管を収縮してしまうため、毛髪にも悪影響。

健康な頭皮環境になることは、頭皮の臭いや毛髪の成長など、頭皮に大きく関係しますので、なるべくストレスを感じない生活が理想です。

もちろん、現代の社会で生きている限りは、常にストレスはつきまといます。

これは仕方のないことですので、ストレスをため込まないようにこまめに発散することが大切になります。

趣味や半身浴など、どんなことでも構いませんので、リフレッシュできることを見つけて実践しましょう。

睡眠

頭皮環境と眠りの質には関連性があることが分かっています。

寝ている間は、頭皮や頭髪のダメージを修復するメンテナンスの時間です。

寝ている時には、成長ホルモンが多く分泌されますので、毎日6時間以上はしっかり睡眠を摂ることを心がけましょう。

また、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時までは、成長ホルモンが分泌されやすい時間ですので、この時間に寝るようにすることで、頭皮環境がよりよいものになります。

熟睡できないひとでも、ゴールデンタイムはなるべくベッドに入って横になっている習慣をつけることが重要ということですね。

部屋を明るくしたままで寝たり、テレビやラジオの音が出っぱなしだったり、冷房をつけっぱなしにしたりするのは質の良い睡眠を妨げることになりますので、真っ暗な部屋で音が聞こえない状態で寝るようにしましょう。

1日の睡眠時間はどんなに悪くても6時間以上はとることを意識しましょう。

適度な運動

運動しない人ほど体臭がキツイというイメージをお持ちの方も多いと思います。

運動をすると、汗が出る元である「汗腺」にミネラルや水分が取り込まれ、血液に吸収されるのですが、ミネラルが血液に吸収されない状態で汗をかくと、においが強いことが分かっています。

頭皮の汗の臭いも強くなりますので、頭皮が臭くなってしまう原因と言えます。

適度な運動で体温を上げて、ミネラルを血中に取り入れることが大切なのですね。

頭皮が臭くなくても体臭が臭ければ結局は同じコンプレックスです。

しかし、いきなり運動を使用と思っても、面倒に感じてしまうのも分かります。

気合いを入れて運動する必要はありませんので、バス停を1つ分歩いたり、エレベーターを使わずに階段を利用するなど日頃のライフスタイルの中でもできることはたくさんありますので、工夫して運動量を増やすことから始めるのが良いと思います。

生活習慣 関連ページ

頭皮の匂いを消す方法TOPページ

  • 生活習慣で「頭皮の臭い」を改善(★現在のページ)
  • 頭皮クレンジングで「頭皮の臭い」を改善